至適睡眠姿勢を科学的に立証するには、診断する人によって、寝返りのスムーズさとぎこちなさの評価が異なるという主観的な判断ではなく、客観的に比較のできる指標を見つける必要があります。

そこで、モーションキャプチャシステムを用いた寝返りの4次元解析を行いました。

ここでは、その結果について臨床的に重要な発見を述べることにします。

モーションキャプチャシステムは人間の体の動きを3次元空間の中でとらえ、可視化し、その動きを3次元+時間軸=4次元座標の中で、速度、加速度、周波数を分析できるのです。

具体的にいうと、寝返りする人間のボディと仮想体軸(コンピュータによる計算上の仮の体軸)を表示し、寝返りのスピードや加速する様子、スムーズかぎこちないかを周波数の波形で、一目瞭然に診断できるという優れモノです。

体を頭から首の頭頸部仮想体軸と、胸から腰・骨盤までの胸腰椎骨盤仮想体軸の2つに分けました。

仰臥位において、至適枕では頭頸部仮想体軸は胸腰椎骨盤仮想体軸に対し、軽く前方に倒れているのがわかります。

頭頸部仮想体軸をレントゲン写真上に描き出し臥位の基準線であるC7水平線とのなす角(頭頸部仮想体軸角)を求めると、臥位では仰臥位頚椎傾斜角に非常に近似した値を示しました。

つまり、寝返りの時の頭頸部の回転中心は、リアルな人間の頚椎そのものだといえそうです。

一方の胸腰椎骨盤仮想体軸も、臥位ではC7水平線とのなす角度で有意に減少しました。つまり、リアルな胸椎・腰椎・骨盤のアライメントは、寝ている臥床面に平行になることで、寝返りという回転運動を効率よく行えるようです。

立位から至適枕を使用した臥位に姿勢が変化すると、胸腰椎骨盤仮想体軸とC7水平線が近似します。

これらをまとめると、頭頸部仮想体軸および胸腰椎骨盤仮想体軸が、リアルな全脊椎(頚椎・胸椎・腰椎)と骨盤アライメントに近似したことから、至適臥位姿勢の調節において次のことが結論づけられます。

仰臥位頚椎傾斜角を約18.1度とし、胸・腰椎・骨盤アライメントが臥床面に平行となるように、枕と寝台で調節することが重要だということです。

このことが枕と肩こりの関係にも当てはまってくるのです。